James Diamond Durant


はじめに
Diamond=ダイアモンドといえば、希少価値が高く、貴重で、その輝きのすばらしさを連想させる言葉。James “Mr. Diamond” Durantジェームス・ダイアモンド・デュラントの才能を表現するのに最適な言葉でもあります。

This talented musician got his start at the age of five as abudding violinist and by the age of eight played Lincoln Center in New York as a member of the PS-70 String Orchestra. By fourteen he was playing 1st trombone with the Bronx Borough-wide Orchestra at Carnegie Hall, and was on contra bass as a member of the Morrisania Lancers Drum and Bugle Corps. At seventeen he was playing trombone with The Victor Lopez Salsa Band. In his rare periods of free time he also picked up the trumpet, baritone & French horns, tuba, piano and even a little guitar. Twelve years of experience and he hadn’t even finished puberty!

彼の才能あふれた人物の音楽人生は5歳のときにはじめたバイオリンで頭角をあらわしはじめました。わずか8歳でニューヨークのリンカーンセンターにてPS-70管弦楽団の一員として演奏。14歳のとき、ブロンクス・ブロウワイド管弦楽団の第一トロンボーン奏者としてカーネギーホールでも演奏。また、コントラバス奏者としてモリサニア・ランサーズ・ドラムアンドビューグルコープで活躍しています。17歳のときザ・ビクター・ロペス・サルサバンドでトロンボーンを演奏。これらの類まれな才能を活かした活躍の中、トランペットやバリトンホーン(ユーフォニアム)、フレンチホーン(ホルン)、チューバ、ピアノのキャリアを加えるとともに、ギターの演奏も手がけます。思春期も終わっていない若年で12年の目覚しい音楽経験をしました。

Mr. Diamond’s twenties were just as spectacular. From 1987-89 he played keyboards for 24-7 Spyz (members of the Black Rock Coalition), and 1990-95 saw him as musical director and keyboardist touring with legendary R&B band “The Main Ingredient” featuring lead singer Cuba Gooding. He naturally segued to session musician, and from 1991-92 worked with New York based writer/ producer “Donald Dee” Bowden (with whom he penned and co-produced a few tunes), and engineer Troy Hightower working on projects for SWV, Eric Serman (of Eric B. and Rahkim), the Fu Shnickens and Double X Posse.

ダイアモンド氏の20代はすばらしい活躍でした。1987-89年、そのほとんどを24-7スパイズ(ブラックロックコーリエイションのメンバーバンド)のキーボードプレイヤーとして過ごします。1990-95年キューバ・グッディングがリードシンガーをつとめた伝説的R&Bグループ“The Main Ingredient”のツアーにミュージックディレクター、キーボードプレイヤーとして参加。1991-92年、ニューヨークを中心に楽曲ライター/プロデューサーとして活躍していた“Donald Dee” Bowden(いくつかの曲でセカンドプロデューサーとしてもかかわっています。)、SWVプロジェクト, Eric Sermanのエンジニアとして活躍していた Troy Hightower、Fu Shnickens やDouble X Posseとの活動を通じて自然にセッションミュージシャンへと移行していきます。

From 1993 to the present he has been touring Thailand and Japan performing in nightclubs and hotels in Bangkok, Tokyo, Fukuoka, Nagoya and Yokohama. He appeared in the 1996 movie “Atlanta Boogie” and performed in concert with Japanese recording artists “Sing Like Talking” and on “The Wanderers” television show with Yoshinori Monta.

1993年から現在に至るまでは、タイのバンコク、日本の東京、福岡、名古屋、横浜のナイトクラブやホテルで活躍しています。1996年には、映画“Atlanta Boogie”に出演。日本のレコード会社のミュージシャン“Sing Like Talking” 、 “The Wanderers” のコンサートに出演したほか、モンタ・ヨシノリのテレビショーでも演奏しています。

Mr. Diamond has written, produced and recorded several original CD’s.
1. “FACETS” - a combination of Calypso, Latin Jazz and R&B selections.
2. “THE STUFF” a compilation of nine R&B, Jazz Funk and Adult Contemporary songs. Listen to the tunes “Where Is The Love”, “Hot Ice” (he plays live horns) and “Skank!!”, and for a taste of his vocal ability listen as he sings lead and background vocals on the piece “At The Pier”. With 2 songs featured on the Maverick/York Entertainment movie "Clockin' Green".
3. "Looking Inside Of Myself" A CD about his life's reflections,released on L'lezra Group Label.
4. "Our Destiny" an EP release on JDE Music label.

1.“FACETS”についてはカリプソ、ラテンジャズ、R&Bのコンビネーションアルバムとして構成されています。
2.“THE STUFF”についてはR&B,ジャズファンク、アダルトコンテンポラリーソングのコンピレーションアルバムとなっています。この中の“Where Is The Love”、“Hot Ice” (曲中のホーンセクションも彼自身が演奏)と “Skank!!”はおすすめ。リードボーカルとバックコーラスも自身がつとめた“At The Pier”はボーカルの魅力が堪能できます。また、このうち2曲がマーヴェリック/ヨークエンターテイメントの映画“Clockin’Green”にも使用されています。
3."Looking Inside Of Myself"についてはレズラグループレーベルからリリースされており、自身の人生が投影されたものになっています。
4."Our Destiny"はJDE MusicレーベルからリリースされたEPです。

As you can see, James “Mr. Diamond” Durant is a multi-talented and creative musician, producer, writer and vocalist with “old school” abilities and experience seldom matched in today’s music market. We think you’ll be impressed.

上記を通じてわかるとおり、ジェームス・ダイアモンド・デュラントは、しっかりとした経験に基づいた音楽家であり、今日のミュージックマーケットで大いに通用する数少ないマルチ・タレント(プロデューサー、作曲家、ボーカリストなどのクリエイティブな)ミュージシャンです。ご存知になれば感動されること間違いないと思います。

.